理念

涯福祉

私たちは福祉の原点を
「自分が幸せでありたいと思うこと」
そして
「大切な人に幸せであってほしいと願うこと」
と考えています。

また、人々のために、生涯のどの時点においても、
自立に向かうための環境を提供する
「生涯福祉」
を理念としています。

このために『尊厳と習慣』こそが
幸いの源であるとの考えにたって、
「乳幼児から終末まで」
つながりを持った事業を展開し、
幅広い分野の福祉活動を実施することによって、
市民生活の福祉の向上に貢献していきたい
と考えています。

 

理事長挨拶

日頃より私たち青葉福祉会の活動にご支援、ご愛顧を賜りありがとうございます。      

当会は、高度経済成長期の最中に、今後迎えるであろう高齢者社会に向けて老後の不安を解消し得る一助として、昭和40年1月に社会福祉法人の認可を受け、経費老人ホーム(A型)を設置したのが福祉事業の始まりでした。

続いて昭和47年に共働き世帯への子育て支援として保育所を設置し、現在の高齢者事業と保育事業の基礎が作られました。

近年の急速な少子高齢化や生活困窮者の増加に加え、生活習慣や価値観の多様化など私たちを取り巻く社会情勢は大きく変化してきており、益々多くの支援の手が必要となっております。

これからも設立当初に先達が掲げた地域福祉の指名を忘れることなく、生涯福祉を基本理念とし、地域になくてはならない社会福祉法人となるべくスタッフ一同力を合わせて、地域福祉の向上に尽力して参ります。