○事業案内

●教育研修事業

毎年の[介護元気DAそう会]をはじめとして
各種セミナーを開催しています

県内外に向けて介護の知識・技術、情報の受発信の場を提供し、ともに介護の職場で働いている方たちとの交流やレベルアップを目指しています。

特に毎年行っている「介護元気DAそう会」は、「介護を明るく、介護を楽しく、介護を通して豊かな人生を!」をテーマに複数の講師の講演をはじめ、各種介護関係の書籍・商品の展示、販売のブースも用意し、毎回300人以上の参加をいただいています。

また、年に4~5回、講師を招いてアルテイル宮町の地域交流室で、ケアの方法や、看取りケア、認知症ケア等についての勉強会を開催しています。

法人内においては内部研修を、事業所ごとの枠を超えて全体規模で行うことで、法人の理念を浸透させるだけでなく、基礎的内容の偏りをなくし、専門職として求められる能力のレベルアップを図っています。

元気DAそう会2013 開催のご報告

 今年で第4回目の「元気DAそう会」が11月3日に東京エレクトロンホール宮城で開催されました。介護を仕事とされる方、在宅で介護を担っていらっしゃる方や学生さん等が、県内外から会場いっぱいに集いました。

 恒例になりましたNHK「ワンポイント介護」でもおなじみの三好春樹先生の講演は「新しい認知症ケア」というテーマで行われましたが、会場はより臨場感あふれる軽妙な語り口にどんどん引き込まれ、終始笑い声のある和やかな雰囲気に包まれていました。

 「現場の声」として岩手・山形・宮城の各種介護事業所の現場から熱い想いで発表された実践報告からは、新たな気づきと新鮮な共感をたくさん得るものとなりました。

また会場の各種介護関係の商品の展示・販売ブースの一角には三好先生の著書や推薦の書籍が並ぶコーナーも設けられ、休憩時間には先生自らが気さくに介護や本選びのアドバイスをする姿が見受けられたりして、閉会の時まで楽しく有意義な時間となりました。

 来年の開催も予定しています。ぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。 一緒に元気の輪を拡げましょう!!

▲ページ上部に戻る

セミナー実績

2012年

1月13日
認知症 ~介護の役割とは何か~
生活とリハビリ研究所 代表 三好春樹氏
2月11日
看取りケアの作法
宅老所 よりあい 代表 村瀬孝夫氏
4月10日
認知症の新しいケア
生活とリハビリ研究所 代表 三好春樹氏
6月22日
介護の専門性とは何か ~希望としての介護~
生活とリハビリ研究所 代表 三好春樹氏
10月25日 介護元気DAそう会 2012
生活の場でこそターミナルケア
宅老所 よりあい 代表 村瀬孝夫氏
介護の専門性とは何か
生活とリハビリ研究所 代表 三好春樹氏
実践報告(津軽ではじめたデイサービス)花まるデイサービス
中田妃登美氏
介護職への提言
生活とリハビリ研究所 代表 三好春樹氏
11月2日
身体障害学入門
生活とリハビリ研究所 代表 三好春樹氏
▲ページ上部に戻る

2011年

2月23日
地域で老いをささえる -誰とどこで生き、死ぬのか-
宅老所 よりあい 代表 下村恵美子氏
3月19日
信頼と納得が得られるサービスのための事業所自己評価
宮城県福祉サービス第三者評価事業推進委員
4月10日
認知症の新しいケア
生活とリハビリ研究所 代表 三好春樹氏
6月24日
新しい介護技術セミナー(1)
「椅子・ベッドからの立ち上り/移動動作の自立法・介助法」
生活とリハビリ研究所 代表 三好春樹氏
7月22日
新しい介護技術セミナー(2)
「床からの立ち上り/床への座り方~日本の家、民家型デイ、グループホームで必要な動作を認知症老人も落ち着く方法で~」
生活とリハビリ研究所 代表 三好春樹氏
9月25日 介護元気DAそう会 2011
障害のある老人を支えるということ
茨城県立健康プラザ管理者 医学博士 大田仁史氏
認知症のある老人を支えるということ
宅老所 よりあい 代表 村瀬孝夫氏
介護の専門性とは何か
生活とリハビリ研究所 代表 三好春樹氏
10月14日
新しい介護技術セミナー(3)
「寝返りの自立法・介助法~床ずれゼロ作戦!画期的指導法~」
生活とリハビリ研究所 代表 三好春樹氏
11月25日
新しい介護技術セミナー(4)
「起き上がり動作の自立法・介助法~これさえできれば寝たきり脱出!~」
生活とリハビリ研究所 代表 三好春樹氏
▲ページ上部に戻る